自分に合ったバイトを探すのは大変

キャバクラでバイトしたい!といっても星の数ほどあるお店の中から自分に合ったお店の求人情報を探すのは大変ですよね。
ここではお店選びのコツをお教えしましょう。

まずは求人サイトを見てみると。。。
キャバクラ、クラブ、スナックなど様々な店舗形態のお店が目に入ります。
これらの違いを簡単に説明しますと キャバクラ:基本的にフリーや指名のお客様とマンツーマンでお話し、指名料、ドリンクなどのバック有り。
クラブ:ママがいるお店。ママや売上ホステスのヘルプにつき、マンツーマンよりも複数で盛り上がることが多い。売上ホステスにならない限り基本的にバックはない。
スナック:マスターやママがいる、こじんまりとしたお店。カラオケがある場合が多い。基本的にバックはない。

他にもラウンジやガールズバーなどの業態もありますが、今回はキャバクラのお店選びについてご紹介したいと思います。


落とし穴があり、注意が必要なことも

キャバクラの求人では、時給5,000円やノルマナシ、終電帰りOKなど、魅力的な言葉が色々書いてあります。
ですがここには落とし穴があり、注意が必要です。
記載されている内容を信じて面接に行くと、「レギュラーでの出勤でなければ」「売上がなければ」などの理由をつけられて5,000円の時給はまずもらえません。
また、ノルマがないのも最初の2、3ヶ月だけという場合が多い(1ヶ月の場合もあります)ので、ここも確認が必要です。
時給5,000円以上のお店は求められるものが大きいので(容姿や売上など)、初めてキャバクラで働かれる方は時給3~4,000円のお店をオススメします。


スカウトを使ってお店を選ぶという方法もあり

また、求人サイトではなく、スカウトを使ってお店を選ぶという方法もあります。
繁華街を歩いていると声をかけてくるスカウトに、欲しい時給、働ける日数、条件などを伝えると、希望にあったお店を紹介してくれます。
特に銀座では求人サイトには出さず、スカウトのみで女の子を集めているお店が多いので、銀座で働きたい場合は夕方に小奇麗な格好をして、新橋よりの並木通りや外堀通りを歩かれることをオススメします。

ある程度希望のお店が決まりましたら面接→体験入店という流れになります。
どんな女の子がいるのか、スタッフの気遣いはどうか、そして何よりお客様の質を確かめることができるので、体験入店は必須です。
お客様があまりいらっしゃらなかったり、逆にとても混んだりして1日でわからなかった場合は、もう一度体験入店させて欲しいとお願いしてみてもいいと思います。
本入店してから「こんなはずじゃなかった」と思わないように、きちんと納得してから本入店するようにしましょう。