夜の蝶、などとも例えられるキャバクラ嬢

毎日ドレスを着て、ヘアメイクをする、こんなアルバイトは他にありません。
いつもと違う自分になれるという意味でも憧れの職業の一つだと思います。

キャバクラ嬢は夢を売ることが仕事なので、非日常的なメイクや服装が好まれます。
化粧もしていないような素朴な子が隣についてしまったら、普通に会社の飲み会じゃん!とお客様はげんなりします。
決して安くはないお金を払っているのですから、お客様もかわいい子と飲みたいですよね。
人間顔じゃないとはよく言いますが、残念ながら、やっぱり顔は大事です。
特に自分を商品に戦う夜の世界では、より高い美意識を求められます。
お客様はわたしたちにお金を払っているのですから、中には平気で「帰れ、ブス」などと仰る口の悪いお客様もいらっしゃいます。
ですが安心してください、女はメイクと服装で変わることができます。
少しでも自分を美しく見せるように努力することもキャバクラ嬢の仕事の内です。
どんなに愛嬌があっても、化粧もせず、清潔感のない服を着ているようでは一流のキャバクラ嬢とは言えません。
メイクも服もキャバクラという戦場で戦う鎧だと思ってください。
もちろんお客様の中には薄いメイクの子が好きという方もいらっしゃいますが、薄め=手を抜いていいということではありません。
一流のキャバ嬢は、自分に似合うアイシャドウ、口紅の色を研究し、少しでも自分をキレイに、かわいく、そして華やかに見せようと努力しています。


毎日同じドレス、ワンピースを着ているなんて論外

服装についても、毎日同じドレス、ワンピースを着ているなんて論外です。
今は2,000円~でドレスが買える時代です。
新宿でしたらサブナード、アルタ、上野でしたらABAB、銀座でしたら銀座9などでとても安価で購入することができますし、楽天などで全国どこからでも購入することもできます。
お金がない場合は店服を借りたり、貸しドレスショップを利用したり、フリマアプリから格安で購入するいう方法もあります。

キャバクラ嬢は自分という商品を売り込む営業マンです。
自分が男性だったとしたら、自分に魅力を感じますか?自分に指名料を払いますか?自分のためにお店に行こうと思いますか?

自分に磨きをかけて、自信を持って自分を売り込めるキャバクラ嬢を目指していただけたらと思います。